Let's try programming

プログラムとは③

プログラムの説明なんとなくわかっていただけたでしょうか?

(コンピュータ)プログラムも根本は同じで、実行するのが人間かコンピュータという違いだけです。
コンピュータの場合、人間と違い適応力がないので場面、場面での細かい指示が必要なってきます。
日本語も通じないので、コンピュータが理解できる言語に変える必要があります。
その点を補って人間がコンピュータにプログラムを書いていかないといけないんです。
それでは先程のプログラムまとめに(コンピュータ)プログラムの特徴を追記します。
 
プログラムまとめ(追記) 
■コンピュータは適応力がないので、人間がその場に適したプログラムを用意する必要がある。
(もし運動会の日が雨だったらどうするのか?)
■競技のルールや競技実行時の結果など事細かい指示が必要。
(この競技をすれば何点入るか?どうすれば競技が終了するのか?)
■プログラムは、コンピュータが理解できる文字(言語)にする必要がある。
(プログラム言語は多種類あるのでどれを使用してプログラムを作るか?)
 
このような特徴がある為、(コンピュータ)プログラムを初めて見るとわけがわからないと思われますが、要はコンピュータにやってもらいたい命令を(運動会プログラムみたいに)上から順番にてあるだけです。
例外はありますが、最初はそう簡単に考えてみて下さい。
 
 

<戻る>  <プログラミング上達のコツ>



 

 

PAGETOP
Copyright © Goran All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.