野球界は賭博問題や円陣による金銭授与で騒がれてましたが、本日いよいよ開幕します

ぜひ野球界の信頼回復の為、素晴らしいプレイをたくさん見せていただきたいですね。

筆者も一野球ファンとして応援してますよ!

では、恒例ですが今年も順位予想をしていきたいと思います。

昨年はヤクルトを最下位予想していまい赤っ恥かいてしまいましたが、挽回する為に頑張ります。

ではいきます。

1位 阪神

これはファンとして当然ですね。
どんなにチーム状態が悪かろうとも優勝できそうな要素を探しだし、1位にするものです(笑)
ただ今年は一味違います。
というのも不安要素が全くない。
投手力・打線・機動力・チームの雰囲気はどれも最高。
新外国人ヘイグや横田の守備面に多少不安を感じますが、2軍には好調のドリス控えていますし、大和もいるので万全ではないでしょうか。
正直今年は、ぶっちぎりで阪神が優勝するんじゃないかなと思っています。
 

2位 広島

前田健太が抜けたが、ジョンソン・黒田とエース級の投手は健在。
ルナ・エルドレッド・新井の打線は、セリーグトップクラスだと思っています。
ただ中継ぎ陣に信頼できる選手が少ないのが不安のひとつ。
 

3位 ヤクルト

バーネット不在が目立つが、今年は昨年は怪我でほとんど出場できなかったバレンティンが復活する。
山田・バレンティン・畠山の強力クリーンナップに加え、昨年優勝を牽引した層の厚い中継ぎ陣の存在は脅威。
抑えがハマれば2位までいけそう。
 

4位 巨人

やはり、マイコラス・阿部不在が大きい。
賭博問題などで回りからバッシングされ、選手の精神面が心配ですね。
このチーム状態を高橋新監督がどう統括していくかが鍵。
前半戦は低迷、後半少しずつ順位を上げ4位くらいで落ち着くと予想してます。
 

5位 中日

メジャー66発の大砲。ビシエドを獲得したが再来日が遅れたこともあってオープン戦ではその実力を知ることができなかった。
日本の変化球主体のピッチングに対応でき、打線が機能すればクライマックス争いはできそう。
全く対応できなければ最下位までありえると思います。
 

6位 横浜

良くも悪くも筒香次第。
筒香が活躍すれば最下位脱出はあるが、ウィンターリーグから試している新フォームがまだ完全でない様子。
昨年のプレミア参戦からずっと野球続きなのでペナントを通してコンディションを維持できるかも心配ですね。
オープン戦ではオーダーミスもあり、ラミレス新監督率いる首脳陣の意思疎通ができていないんじゃないかと不安視しています。
 
 
以上が今年の予想です。
 
個人的に楽しみしてるのは昨年、ユニバーシアードの大学野球競技で金メダルを獲得したチームの中心選手がNPB入りした事。
新人王争いが熱くなりそうです。
 
この4人に注目です!
 

高山俊(阪神)

柴田竜拓(横浜)

吉田正尚(オリックス)

茂木栄五郎(楽天)

阪神戦 吉田ホームラン